更年期で匂いや物音などが酷く不快に感じるように…

一番初めに異常を感じたのは40代半ばくらいだったと思います。それまで全く気にならなかった匂いや物音などが酷く不快に感じるようになりました。ちょっとした事でもすぐにイライラしたり、考えても仕方のない事にクヨクヨしたりと、とにかく精神的な辛さが酷かったです。我が家は集合住宅なのですが、新たに引っ越してきた隣家の人がベランダにある我が家との仕切り版の隙間を隠すために(隣家側に)古くなったバスマットを立てたのですが、それを見たとたん、頭にカーッと血が上り、胸のあたりがグググ・・・と苦しくなったのです。(何であんな汚いバスマットをそんな所に立てるんだ!)と怒りで体がおかしくなりそうでした。それまでは隣近所が多少の迷惑行為(夜中のカラオケや子供の走り回る騒音など)をしても、さほど気にならなかった性格だったので、この自分の急激な変化に、自分自身が戸惑うほどでした。

当初は自分のそんな症状が更年期障害かも知れないとは全く思っておらず、(私がこれほど不快になるんだから、隣家のやっている事は酷い迷惑行為なんだ!)と、いろんな友人達に相談してみました。ですが、どの友人もだいたい「へ~、そんな事あったんだ。大変だね~」という具合で、大して共感もしてもらえず、軽く受け流されるだけでした。その時は同調してくれない友人らを少し恨みましたが、その後は一人で(私はなぜこんな思いをしているのだろう、今までこんな事はなかったのに。。)と考えあぐねていくうちに、この異常な症状こそが、更年期障害なのではないかと思うに至りました。

まず、当時よくお世話になっていたお医者さんに相談しました。ですが、その医師は「更年期障害」という表現は使わず、「加齢のために神経が過敏になっている」と仰いました。そして神経を和らげるお薬などを処方してもらい、3ヶ月ほど続けたと思います。お薬は錠剤と漢方薬を全部で3種類くらい頂きました。正直、効果がはっきりあったかどうかは分りません。でも服用している間はプラシーボ効果というものもあったと思われ、多少症状は軽減されていたのでしょう。

今は50代後半にさしかかり、更年期による症状はかなり減ってきたと思われます。たまに精神的に不安定になる事もありますが、それも時間が経つにつれ解消されるのが早くなってきました。どうしても辛くて仕方のない時には市販薬の「命の母a」を飲むようにしています。このお薬は結構効果があると思いますので、迷っておられる方にもお勧めしたいですね。更年期による心身の不快は、無理な我慢や精神論などではどうにも出来ない魔物ですので、早めにお薬などで対処するのが望ましいと思います。

43才の時に襲われたホットフラッシュ!””突然顔や頭が暑くなり、のぼせたように・・・

43歳くらいから、いわゆる「ホットフラッシュ」の症状かな、と思う異常を感じ始めました。特に暑くないエアコンが効いた部屋にいるのに、突然顔や頭が暑くなり、のぼせたようになります。突然暑いような感じがして、身体の特に上半身がのぼせたように感じました。脈も若干早くなっているような気がします。暑さを感じてすぐに、汗をかきました。特に頭や顔から汗が出てきました。ちょっとびっくりするような量の汗が出て、タオルタイプのハンカチでふいていました。最初は急に部屋が暑くなったのかな?と思っていましたが、どうやらそういうことではなかったようです。一人だけ急に汗だくになるので、いかにも更年期という感じで恥ずかしく思いました。

ホットフラッシュはよく聞く更年期の症状なので、年齢的にもあーこれがそうか、とすぐに気づきました。少し年上の友人からよく話を聞いていたので、わたしにもそういう時期が来たんだなと思いました。のぼせたり汗が出たりするのは限られた時間で、少し時間が経つと症状が落ち着きます。病気なら症状がおさまらなかったり、ひどく気分が悪くなると思います。そのようなことはないので、病気ではなく、更年期の少女だと思いました。

年上の女性の友人に相談しました。大抵の方が同じような経験をされていたので、安心しました。更年期によいとされている有名なサプリメントを紹介してもらったので、少し飲んでみました。ところが、すぐに飲み忘れてしまうので、効果があるかどうかはよくわかりません。ストレスは更年期の症状をより強めてしまう気がするので、あまり気にしないようにしています。更年期は病気ではないので、ホットフラッシュの症状が出ても落ち着くまで待ち、気にしないようにしています。

今後も基本的にはあまり気にせず過ごしたいです。ただ、症状がより重くなったり、日常生活に支障が出るようになったら、婦人科に相談しようと思っています。サプリメントは飲み忘れがちですが、せっかく買ったのでしっかり飲み続けて様子をみたいと思います。更年期というとなんだか歳をとるようで切ない気持ちにもなりますが、誰もが通る道なので、できるだけ前向きに捉えていこうと思います。とはいえ、あまりにも辛くなってしまったら嫌なので、辛い時は友人や婦人科のお医者さんに頼ろうと思います。

私に襲いかかった”ほてり”、”発汗”、”ホットフラッシュ”!

2年ほど前から急なほてり発汗、所謂ホットフラッシュの症状が出るようになりました。
ホットフラッシュは1日24時間、時間や状況を問わず表れます。


もちろん自分ではコントロールできないものなので、仕事中などはとても困ります。
仕事でちょっと焦っている時にもなりやすいので精神的なものも関係するのかと思うのですが、就寝中でも起こるので正直よく分かりません。
就寝中のホットフラッシュはあまりの熱さで目が覚めるほどです。
同年代の職場の同僚や友人たちとはこういった症状についてよく話をします。
話を聞くと大多数の人が主に頭や顔、首部分にのぼせや発汗の症状が多いようです。
でも私の場合は肋骨のあたりがカーッっと熱くなって発汗します。
その時の熱さといったら尋常では無く、ホットフラッシュ中に脇腹付近に手をやると熱を発しているのを外から感じるほどです。
これは自分だけが感じるものなのかと思って、友人にホットフラッシュ中に手をかざしてみてもらったのですが、すごく熱さを感じるとびっくりされました。
本当に5cmくらい話して手をかざしても熱さを感じるほどなんです。
ホットフラッシュの場所が場所だけに脇の下に汗をかきやすいです。
私は軽度のわきが体質なのでこれには本当に困っています。
なので脇下のニオイ対策にはかなり気を使っています。

これまでの私は冷え性というのもありますが、とにかく寒がりで夏の暑い最中でも顔に汗をかくことってほとんどありませんでした。
暑さに強くて寒さに弱いという体質だったんです。
それが真冬であってもホットフラッシュが襲ってきたら熱くて汗が止まらなくなりました。
こんなこと自分の人生ではこれまで絶対になかった体の変化です。
今まで経験したこともないほてりと発汗、年齢的なことを考えても更年期の症状だと考えました。
周囲の同世代の人たちも同じような症状が表れはじめていて、そういった話を聞いて自分の症状とも合致すると思いました。

子宮筋腫持ちなので定期定期に婦人科で検査をしています。
昨年、先生に相談して血液検査を受けると更年期症状が出ていると診断されました。
病院側からは製薬会社から出されているサプリメントか漢方薬をすすめられました。
サプリメントの内容を見ると配合されている成分が自分の体質に合うかどうかがちょっと不安だったので漢方薬の方を服用することにしました。
加味しょう遙散というのぼせ、イライラ、ホットフラッシュ等の更年期障害で1番多く使用されている漢方薬だそうです。
実際に服用してみて症状はかなりやわらぎました。
ただ全く症状が無くなるというものではないと思います。
それでもホットフラッシュの症状が緩和されただけでも、かなり精神的にも楽になりました。

年齢的なものですしどうしようもない部分はあると思っています。
ただあまり気にしすぎて精神的に落ち込むことなどがないようにはしています。
あまり深刻になりすぎないといったところです。
耐えられないほどの痛みがあるとか、普段の生活が困難とかいうわけではないので、そのうちいつか症状が治まるだろうと気楽に構えています。
同世代の人たちと更年期の症状について話すとかなり気が紛れますね。
更年期の症状は重い時と比較的軽めの時とがあるので、婦人科の先生に相談しながら自分の症状に合わせて今後も漢方薬の服用を続けていくつもりです。

 

顔から滝のように汗が・・・これって更年期の症状!?

40代になったばかりの頃にすでに急激に顔から滝のように汗が流れる症状があり、よく人から更年期ではないかと指摘を受けました。
47歳の誕生日を過ぎたあたりから、まだ残暑が残る9月に猛烈な寒気に襲われるようになりました。電車の中や、スーパーなど、クーラーの効きすぎたところだと歯をカタカタと鳴らすレベルです。

あと、一日を通して、体中が猛烈にかゆいときが多く、手足を見れば、身体の内側から腫れあがっているような感じです。息苦しさや胃の気持ち悪さ、吐き気を伴うこともあり、寒気とそれらすべての条件が揃ったところで、過呼吸に陥り、昨年5回救急車で運ばれました。
それから、老眼が急激に進み、無理に物を見ようとすると平衡感覚をなくしたようにふらっときます。
48歳になってからは、更に毎日薬を飲まないと治まらないレベルの頭痛に悩まされるようになりました。

寒気、吐き気、頭痛…何科にかかればよいかも分からないくらいに、体中に不調があるのはさすがにおかしいと思いました。
死ぬほど苦しい感覚に陥っても、眠っている間は治まっているのです。
病的な要素と同時に、体力、筋力もぐっと落ち、身体は痩せてはいないのに顔貌が中年のもの以上にやつれてきました。
生理が46歳の頃からほとんど来ていないこともあるため、それに伴って、次々に不調が現れているので、更年期と結びつけました。

とりあえず、産婦人科で生理を2か月に一度起こす薬をいただきました。
生理が来たことで精神的な安堵感に包まれたこともあってか、パニック発作のような症状はそれ以来なくなりました。
吐き気と胃の不調、頭痛は薬で抑えています。
極度の緊張状態にならないよう、極力、ひとりで電車に乗ったり、船など揺れるものに乗ったりすることを控えています。
そのかわり近場を歩いて散歩し、土日も、一日に一度は日光に当たるよう、心がけています。

更年期に関しては先輩がたくさんいらっしゃるので、不安を打ち明けることも、気持ちが落ち着き、身体が安定する方法のひとつと思っています。
これだけは誰にでも訪れるものなので仕方がありません。
ひとつひとつの不調に対して、経済的に無理のない範囲で対処し、後は適度な運動をしたり、趣味を楽しむなどして、あまり落ち込むことだけはないようにしたいと思います。
強い頭痛はかなりの不安に襲われますが、死ぬことはない、寝ている間は忘れているのだから…と言い聞かせるようにしています。

42才を過ぎた頃から感じたい異変。なぜか急に顔が熱くなる・・・

42歳を過ぎた頃から、急に顔が熱くなるような事がたまに起こりました。そして毎月順調だった生理も少しずつ量が少なくなってきて、44歳頃には来たり来なかったり。3カ月来ないこともありました。あがったのかな?と思うと次は量が増えたり不安定です。
そして45歳になった今は冬でも急にカーッと暑くなって顔の汗が酷いです。電車に乗っていても、友達と会うのも恥ずかしくて、ハンカチが手放せない状態です。
それに加え元々頭痛持ちでしたが、1日3回薬を飲んでも全く効かなくなりました。しかも毎日頭痛はおこり、朝起きた瞬間から痛いことも珍しくなかったです。
息苦しさを感じることもあります。特に夜眠るとき、左を下にして横向きで寝ると苦しくなることがあります。

顔の汗が気のせいではなく、急にダラダラあふれるように出るようになったので、これは間違いなく更年期障害だと思いました。命の母のCMでもそういうシーンを見かけていたので、同じだなと。
10代からずっと問題なく来ていたのに、生理不順になったのも確信する理由の1つです。
そう思うと、薬が効かないほどの毎日の頭痛も息苦しさも、全てがホルモンバランスの乱れからきているのだろうと納得出来ました。生活を変えていないのに太り出してきたのもそのせいかもしれません。

まず命の母を飲んでみました。3年以上毎日飲み続けましたが、残念なことに特に効果は感じられませんでした。
どんどん症状が悪化していくので、最終的にはネットで色々調べて婦人科に行きました。問診票のようなチェックシートに症状を書き、先生に診断してもらい、漢方薬を処方してもらいました。
そしてダイホルモンデポーというホルモン注射をしました。1ヶ月に1度、この注射をしてもらうだけで驚くほど効果はありました。3週間を過ぎると、漢方薬を飲んでいてもカーッと汗ばむ症状が出てくるので、飲み薬は効いてないと思い、現在は注射のみにしてます。

急に顔からふき出る汗と耐えがたい頭痛は、ホルモン注射のおかげでだいぶ抑える事が出来ています。毎月婦人科に通うのは面倒ですが、なんとか続けていきたいと思います。
あとは家族や友達に更年期障害ということを隠さず公表して、理解してもらうようにしてます。「更年期だから頭痛い」「更年期だから汗がすごい」「更年期だから眠い」とアピールして、体調が万全でないから出来ないこともあるけど、許してもらっています。
ホルモンバランスが安定してくれるまで、自分にも優しくしてあげようと思います。

やたら汗が出て、身体の倦怠感に悩まされる日々・・・

初めまして都内在住の47歳主婦です、私が初めて身体に異常を感じたのは39歳の時でした、症状はやたらと汗が出たり倦怠感を感じたりしました、私は最初風邪かなと思ったので風邪薬を飲んで安静にする事にしました。

しかし3日経っても倦怠感はさほど抜けず、私は熱を測ってみました、しかし熱は無く汗も出なくなっていて何か風邪とは違う感じだな‥と思いました、しかし数日後に体調は戻り私はまた普段どおりの生活を送っていました、しかしまた大量の汗が暑くもないのに出たり‥倦怠感が出たりと始まってしまいました‥。

私はこの時点でようやく自分の身体に不安を覚え近所にある診療内科を訪れました、そして受診した結果更年期障害と診断されました。

私の場合は自分の身体に起きた異常が更年期によるものだとは全く思っていませんでした、何故なら私の場合は症状が本当に風邪みたいな感じでしたので最初のほうは疑う事無く風邪だと思っていました。

とはいえ私も更年期という言葉は知っていました、しかしまさか自分は違うでしょ‥とか、自分は更年期障害にはならないでしょ‥と軽く他人事のように思っていました、なので医者に行き更年期ですよ!と言われた時は正直ショックでした‥、まぁ‥医者に行ったから判明したので結果良かったですが。

私が更年期になりとった対策は、病院から処方された飲み薬を飲みゆっくり過ごす事でした、と言っても身体の調子は毎日悪い訳では無いので調子が良い時は普段と変わらない日常生活を送っていました。

私だけなのかは分かりませんが‥調子が良い時悪い時があるので、周囲の人達(家族や友人知人)には理解しずらく‥そこらへんのバランスが非常に難しくストレスを感じる事が多々ありました‥もちろん私だけでは無く家族や友人知人達も私に対してストレスを感じた事と思います、これが一番辛かったですね、しかし結果的には病院の言う事を聞き処方された薬を飲みゆっくり過ごして周囲の人達も理解してくれたおかげで自然と症状は出なくなりました。

私の場合は更年期の症状が治まってから5年ぐらい経っていますし、治まってから現在まで一度も更年期の症状は出なくなりました、ちなみに病院で受診した結果更年期は完治していると言われましたので現在は心配していません。

しかしまた何かのひょうしで更年期の症状が出たら嫌なので私は普段から頑張り過ぎないでゆっくり過ごす事を意識しながら生活しています、やはり更年期障害というのは心の病に近い感じがしますので、常に心が疲れないようにこれから先も意識しながら生活をしていこうと思います。

頭痛やめまい、体力の低下。これが更年期か・・・。

45歳を過ぎてきて仕事中も1日持たなくなることが増えてきました、具体的な症状としては頭痛やめまいなんといっても体力が落ちてしまい.ビタミン剤を飲まないと1日中仕事ができない位になってきてしまいました。めまいがひどいので耳鼻科でめまいの薬をもらっています、何とか現在は正社員と言う事で働いていますが、今後はパート等に切り替える方向で考えています。仕事中に急にのぼせたり暑くなることがありそれもここ1 年位のことなのですが、汗が止まらなくなりクーラーが効いている場所にもかかわらず顔が火照っていて首から上が暑くてフラフラすることが何度かありました。そろそろ更年期なのかなぁと言う感じはありましたがこれが体力の衰えとともにきたので更年期の症状だと思って受け止めています。

今までは冷え性で痩せ気味なので、私はクーラーの部屋に入ると汗が出ることを全くなかった体質なのですが、それがここ最近になっては急にのぼせる感じの暑さが続くと言うことです。外出先でなら分かるのですがそれがクーラーの効いた会社でのオフィスないと言うことで、それに伴いのぼせとめまいが一緒に来ると言うのが何度か続いたので年齢的なものではないかと考えるようになりました。実際に45歳過ぎてからこのような症状が始めることが増えました。

耳鼻科に行ってめまい薬をもらうとともに市販薬の更年期障害のサプリメントを飲んでいます。飲んでいるときはいくらか改善されるような気がしますが、やはり同じような事は何度か起きてしまいます。急に体質が変わったような気がして辛いのですが、年齢的なものであれば諦めるしかないのであまり真剣に考えるずに気楽に過ごそうと思います。めまいだけは仕事中に起きてしまうと周りに迷惑をかけてしまうので、それだけは薬で何とか抑えていますが、後は気分転換になるような趣味を見つけようかと思います。更年期の症状はそれだけでもうつ症状になってしまいそうなので、それを避けられたらいいなと思い趣味に没頭しようと考えています。

年齢と言うものは避けては通れないものなので、これで悩んで考え込んでしまって逆にうつ病のような症状になってしまっても困るので、深く考えないようにしようと自分で決めています。適度に発散できるものを自分で見つけて体力的に無理はしないようにしようと思っています。めまいが起きてしまったりのぼせてしまった時は、少し休んだり自分の体をいたわるようにこれから過ごしていきたいと思います。更年期障害と言うのはひどい人や軽い人と人がによりそれぞれだとは思いますが、誰しもが通らなくてはいけない道だと思うので、周りの年配の方などに話を聞きながら自分も改善できる方向に持っていきたいと思います。