43才の時に襲われたホットフラッシュ!””突然顔や頭が暑くなり、のぼせたように・・・

43歳くらいから、いわゆる「ホットフラッシュ」の症状かな、と思う異常を感じ始めました。特に暑くないエアコンが効いた部屋にいるのに、突然顔や頭が暑くなり、のぼせたようになります。突然暑いような感じがして、身体の特に上半身がのぼせたように感じました。脈も若干早くなっているような気がします。暑さを感じてすぐに、汗をかきました。特に頭や顔から汗が出てきました。ちょっとびっくりするような量の汗が出て、タオルタイプのハンカチでふいていました。最初は急に部屋が暑くなったのかな?と思っていましたが、どうやらそういうことではなかったようです。一人だけ急に汗だくになるので、いかにも更年期という感じで恥ずかしく思いました。

ホットフラッシュはよく聞く更年期の症状なので、年齢的にもあーこれがそうか、とすぐに気づきました。少し年上の友人からよく話を聞いていたので、わたしにもそういう時期が来たんだなと思いました。のぼせたり汗が出たりするのは限られた時間で、少し時間が経つと症状が落ち着きます。病気なら症状がおさまらなかったり、ひどく気分が悪くなると思います。そのようなことはないので、病気ではなく、更年期の少女だと思いました。

年上の女性の友人に相談しました。大抵の方が同じような経験をされていたので、安心しました。更年期によいとされている有名なサプリメントを紹介してもらったので、少し飲んでみました。ところが、すぐに飲み忘れてしまうので、効果があるかどうかはよくわかりません。ストレスは更年期の症状をより強めてしまう気がするので、あまり気にしないようにしています。更年期は病気ではないので、ホットフラッシュの症状が出ても落ち着くまで待ち、気にしないようにしています。

今後も基本的にはあまり気にせず過ごしたいです。ただ、症状がより重くなったり、日常生活に支障が出るようになったら、婦人科に相談しようと思っています。サプリメントは飲み忘れがちですが、せっかく買ったのでしっかり飲み続けて様子をみたいと思います。更年期というとなんだか歳をとるようで切ない気持ちにもなりますが、誰もが通る道なので、できるだけ前向きに捉えていこうと思います。とはいえ、あまりにも辛くなってしまったら嫌なので、辛い時は友人や婦人科のお医者さんに頼ろうと思います。