42才を過ぎた頃から感じたい異変。なぜか急に顔が熱くなる・・・

42歳を過ぎた頃から、急に顔が熱くなるような事がたまに起こりました。そして毎月順調だった生理も少しずつ量が少なくなってきて、44歳頃には来たり来なかったり。3カ月来ないこともありました。あがったのかな?と思うと次は量が増えたり不安定です。
そして45歳になった今は冬でも急にカーッと暑くなって顔の汗が酷いです。電車に乗っていても、友達と会うのも恥ずかしくて、ハンカチが手放せない状態です。
それに加え元々頭痛持ちでしたが、1日3回薬を飲んでも全く効かなくなりました。しかも毎日頭痛はおこり、朝起きた瞬間から痛いことも珍しくなかったです。
息苦しさを感じることもあります。特に夜眠るとき、左を下にして横向きで寝ると苦しくなることがあります。

顔の汗が気のせいではなく、急にダラダラあふれるように出るようになったので、これは間違いなく更年期障害だと思いました。命の母のCMでもそういうシーンを見かけていたので、同じだなと。
10代からずっと問題なく来ていたのに、生理不順になったのも確信する理由の1つです。
そう思うと、薬が効かないほどの毎日の頭痛も息苦しさも、全てがホルモンバランスの乱れからきているのだろうと納得出来ました。生活を変えていないのに太り出してきたのもそのせいかもしれません。

まず命の母を飲んでみました。3年以上毎日飲み続けましたが、残念なことに特に効果は感じられませんでした。
どんどん症状が悪化していくので、最終的にはネットで色々調べて婦人科に行きました。問診票のようなチェックシートに症状を書き、先生に診断してもらい、漢方薬を処方してもらいました。
そしてダイホルモンデポーというホルモン注射をしました。1ヶ月に1度、この注射をしてもらうだけで驚くほど効果はありました。3週間を過ぎると、漢方薬を飲んでいてもカーッと汗ばむ症状が出てくるので、飲み薬は効いてないと思い、現在は注射のみにしてます。

急に顔からふき出る汗と耐えがたい頭痛は、ホルモン注射のおかげでだいぶ抑える事が出来ています。毎月婦人科に通うのは面倒ですが、なんとか続けていきたいと思います。
あとは家族や友達に更年期障害ということを隠さず公表して、理解してもらうようにしてます。「更年期だから頭痛い」「更年期だから汗がすごい」「更年期だから眠い」とアピールして、体調が万全でないから出来ないこともあるけど、許してもらっています。
ホルモンバランスが安定してくれるまで、自分にも優しくしてあげようと思います。