50代!スキンケアではおいつけない!身体の中からアプローチ!

10代はなにもしなくても肌自身は綺麗です。
私の20代はがっつりバブル時代!
スキンケアはそれほどしなくても大丈夫だったから、主にメイクにお金をかけてました。
今、一番の後悔はこの時期の「小麦色の肌」に踊らされた事ですね、、、
もう、手遅れですシミとソバカス。
30代は子育てと家事、仕事におわれて、ふと気づいたら40代という感じでした。
なのでいきなりやってきた40代!
それまでは「目が小さい」とか「まつ毛を長くしたい」「鼻筋を高く見せたい」
などと、顔のつくり自体ばかりきになっていました。
だから、自然とメイクに出費をしていました。
若い時は肌自身が綺麗ですものね。
しかし、40歳を超えるととにかく肌が気になりだしました。
なくしてやっと、初めて若々しい肌の価値を知りました。
ハリやくすみ、そして一番はほうれい線!
化粧水、乳液、美容液にマスクと気づくとメイクより基礎化粧品にお金をかかるようになりました。
しかし50代!おいつかない!
肌の衰えが、外からのスキンケアだけではどうにもならなくなってきました。
はりがなくなって、アイライナーがまっすぐ引けない!
眉が左右対称に描けない!
ほうれい線は日に日に深くなる。
そこで、始めたのが身体の中からのケアです。
ミルクに混ぜるタイプの粉末コラーゲンから始まり、粒やカプセルと様々試してみました。
めぐるめぐって2年半前に落ち着いたのが「ビューティシナジーバイタルリッチドリンク」です。
ファンケルから出ているのですが、同じシリーズには「ビューティシナジーバイタルリッチ」という粒
や少しお手頃な「ビューティシナジー」があります。
でも、私は圧倒的に「ビューティシナジーバイタルリッチドリンク」派です。
30本(1か月分)で1.3770円と庶民な私には安くはないです。
でも、うそのようですが飲み始めて2、3日であきらかに違いが出たんです。
あれ?!肌がもちっとしてる?
不思議とハリがあると肌の色もワントーン明るくさえ思えました。
それ以降は、もうやめれない!
ずっと続けているので、「あきらかに違う」とはいきません。
でも、54歳の今で「これくらいなら合格じゃない!?」程度にはうぬぼれていられる肌です。
これはきっと、ちょっと贅沢な「ビューティシナジーバイタルリッチドリンク」のおかげ。
そう「エステ1回分」と言い訳しつつ、メイク代はけちっても、かかさずに飲んでいます。
味もとても美味しくて飲みやすいです。
「ビューティシナジーバイタルリッチドリンク」を続けるのは
家事に仕事に頑張っている自分へのささやかなご褒美のつもりです。